ニコチン中毒による健康被害

現在においては喫煙行為は単純な習慣というものではなくて、ニコチン依存症であるという病気という概念で認知されています。
喫煙が習慣化してしまうことで止められない原因には、ニコチン依存症という病気であることがわかっていますので、医療行為が必要であるという方針で治療が施されています。
喫煙治療としては、ニコチンによる薬物中毒に関する治療と、喫煙中心となっている生活習慣を改善していく行動療法によって行われます。
薬物中毒としての治療は禁煙補助薬を処方することによって行われて、行動療法としては環境を改善することで行動パターンの変更をすることで、喫煙しない習慣を身に付けていくものとなります。
喫煙はたくさんの病気の危険要因となるもので、喫煙者本人だけではなく、家族も含めて健康被害をもたらすものです。
喫煙者と禁煙者では寿命に10年の開きがあると言われており、肺がんや喉頭がんなどの悪性腫瘍や呼吸器疾患、脳血管障害、虚血性心疾患などを発症させる原因となります。
子供の出生後における受動喫煙として、子供の気管支ぜんそくや気管支炎などの疾病がでやすいことが指摘されています。
また、がんや血管に関する疾病のほかにも、ニコチン依存症によってもたらされる疾病としては精神疾患に分類されるものもあります。
ニコチンは脳内のニコチン受容体と結合することによって、脳内でドーパミンを放出しますので、それによって快感を得ることで喫煙が止められなくなります。
正しく禁煙を行わなければ、ニチコンが摂取できないことによって離脱症状やうつ病などを発症してしまうリスクがあります。
依存性のある物質であるがゆえに、精神疾患にまで発展してしまうと止めることは容易ではありませんので、専門の医師による治療が受けられる禁煙外来のある医療機関で受診を受ける必要があります。

<禁煙始めるならチャンピックスしか選択肢ありません!>